MENU

太陽光発電を導入した時の価格相場についての説明

 

一般的に太陽光発電装置を取り付ける場合においては多額の価格や費用がかかることが多く、値段については若干の差が生じることがあります。そこで具体的な設置の価格設定について、一体どのような仕組みになっているのか紹介していきます。

 

一般的な太陽光発電を設置する場合の事例として、一番多く発生する費用として太陽光パネルの設置費用となります。

 

これについては多く導入すればするほど太陽エネルギーを補給出来ますが、その分費用についても高くなってしまいます。

 

1枚当たりの平均価格についてですが、5万円から10万円くらいがおおよその相場となっています。

 

なので仮に太陽光パネルを20枚設置した場合においては、100万円から200万円ほどの価格となります。

 

ただこの太陽光パネルを設置するための費用については、市町村で補助金というものを申請することが可能です。

 

活用することでいくらが支援をしてくれるため、最終的に数十万円ほど援助してくれることが多いです。なので結果的には、太陽光パネルの設置費用だけでも50万円から150万円ほどはかかるケースが多くなっています。

 

それ以外にも太陽光発電を設置する際においては、パワーコンディショナーや発電モニターといった装置が必要になります。

 

これらを総合すると、大体20万円から30万円ほどの価格が発生することがあります。それに加えて工事費用が30万円から40万円ほどかかることが多く、それらを総合した金額が必要になっていきます。

 

そのため最終的には、数百万円という費用が発生することになる工事内容となっています。現金一括で支払うことが困難である場合には、銀行などで行っているソーラーローン制度を利用することが可能です。

 

これは太陽光発電専用のローン制度となっており、非常に低金利で融資を受けることが出来るようになります。

 

また専門業者によっても微妙に価格に違いが出ることが多いため、依頼する前に複数の会社で見積もりを取ることも不可欠です。

 

 

具体的な費用を知って購入を

太陽光発電を自宅で取り入れる場合、新築、あるいは改築かによって多少価格に変化があります。

 

新築の場合には建築物に対して強度を検討しつつ導入する費用が計算されますが、改築の場合には改築費用と屋根の上に乗せるための補強工事などの費用も加算される可能性がありますので、計算の際には気をつけることが大切です。

 

太陽光発電設備を工事費用込み一式に関しては、200万円前後での導入が可能となっています。ただし、工事費用はその家によって大きく異なるため、事前に工事費用をプラスした結果どれくらいの費用となるのか、業者に見積もりを出してもらう必要があるのです。

 

屋根にあたる太陽の状態によっては補強する代が必要となるため、200万円以上かかる可能性もあります。

 

そのため、事前に工事費用を複数の設備業者に相談しておくことが重要です。業者によっては事前にかかる費用がまちまちとなることも少なくありません。そのため、事前に一括見積サイトを使って検討することもあります。

 

様々なポイントを踏まえて確認することこそ重要といわれていますが、特に事前にかかる費用に対して相談することで、各企業の1キロワットごとにかかるパネルの費用ばかりではなく、工事費用でどれくらいかかるのかをはっきりさせることにつながるからです。

 

購入するパネルや設備一式の費用は、メーカーごとに異なります。

 

リーズナブルなところであれば150万円前後で工事を含めた設備導入が可能です。しかし、高額なところであれば200万円を超えることも事実といえます。

 

導入する際に特に指定したいメーカーがなければ、各設備会社の指定した中で選ぶ人が多いのです。しかし、希望している企業の設備があるならば、事前に費用に関してその企業のパネルでの見積もりを作ってもらうことが大切といえます。

 

一括見積サイトで指定が可能なところもありますので、事前に確認しておくことが、導入する際の費用に結びつくのです。見積サイトの信頼性を確認してから、導入の相談をすることが大切といえます。

 

更新履歴
このページの先頭へ